頑強診断に行く都度

体調診療に行く都度、問診票に「執刀したことがありますか?」という質問に引っかかります。

虫垂炎・・・いわゆる盲腸なんですが、小学生1、2ご時世くらいの時に、炸裂崖っぷちを、執刀してもらいました。

女子も、当然私も、「盲腸?!」「執刀?!」って驚いてしまうぐらい意外だったんですよ。

そのころあたしは、再三腹痛になり、病院に連れて行かれていました。

けれども原因がわからず、苦痛最後をもらって舞い戻り、痛くなるとまた病院・・・そういう繰り返しだったそうです。

ある日の事例、女子が会社から帰って来るといった、腹痛で転げまわっておるあたしを見て、今までと違う感じにびっくりして病院に担ぎ込んだら・・・盲腸炎だったわけです。

その時のことは、痛さの余白なのか、あまり覚えていないんですよ。

不思議ですね。ただ、病院でみずから明かすのが寂しくて、半べそかきながら我慢しているあたしを見て、ベットの空きがあるからと、病院の方が女子といった弟を泊めてくれたのは、かすかに覚えています。今では、考えられない事象ですね。

それで思い起こしたんですが、あたしは子供だったので施術はなかったのですが、大人になってから盲腸炎になったシチュエーション、チェックポイントの「ケ」は剃るんですよね?

剃刀での抜毛・・・知らない間に引き上げるのでしょうが、何となく痛そうです。

ばい菌が入らない結果とはいえ、昔に盲腸やっといて良かった♪と思ったのでした(笑)statoil-energi.org